ドロ鼻が続く[鼻に関する症状]

1:ドロ鼻が続く[鼻に関する症状]

1:慢性副鼻腔炎

いわゆるちくのう症です。黄色や緑のドロ鼻が出て、鼻が臭います。症状が進むと鼻の中にポリープ(鼻茸)が生じて頑固な鼻詰まりを来したり、嗅覚も鈍くなることがあります。気管支喘息を持っておられるとさらに症状が強くなる傾向もあります。風邪をひくと増悪し、顔面痛や頭痛を生じるため非常に不快です。検査としては電子スコープによる鼻内観察、副鼻腔CTによる副鼻腔の確認が主となります。保存的治療としては鼻ネブライザー、鼻副鼻腔洗浄や抗生剤などの内服を行います。保存的治療で効果がない場合は手術を要することがあります。急性副鼻腔炎でも、風邪のたびに起こす方は手術適応になります。

2:急性副鼻腔炎

風邪をひいた際、黄色い泥鼻が続くときはこの疾患を併発している可能性が高いです。重症例では激しい顔面痛、頭痛、目の奥の痛みを生じます。副鼻腔に侵入した細菌・ウイルスが粘膜で繁殖、炎症を起こし、自然孔という鼻腔と副鼻腔とをつなぐ小さな穴が塞がれた結果、副鼻腔内に膿が貯留し上記の症状を発症します。風邪以外でも、アレルギー性鼻炎で鼻づまりがひどくなるのをきっかけに発症することも多いです。治療としては鼻ネブライザー、鼻副鼻腔洗浄や抗生剤などの内服、点滴を行います。アレルギー性鼻炎合併の患者さんでは、アレルギーの治療も実施します。

Scroll Up