耳が詰まる[耳に関する症状]

2:耳が詰まる[耳に関する症状]

1:滲出性中耳炎(耳管狭窄症)

先に聞こえにくい疾患として述べましたが、この訴えのほうが多いかもしれません。風邪症状などに引き続き発症することが多く、繰り返し発症したり、症状が長引く方は、耳管機能不全が主因として考えられます。薬物療法や耳管通気処置で治らない場合、鼓膜穿刺や鼓膜チュービング(鼓膜に穴を開け、そこにチューブを留置すること)を行うことがあります。

2:急性低音障害型感音難聴

20~30歳代の女性に多くみられる病気で、耳のつまり感として自覚することが多いようです。ストレスや疲労が発症の誘因になること、症状を反復しやすいこと、比較的難聴の予後が良好なことなどが本疾患の特徴とされています。鑑別疾患としてめまいを伴わないメニエール病の初期と低音障害型の突発性難聴があります。ステロイド薬が有効な症例では予後は一般に良好とされております。

Scroll Up